練馬区のマッサージ鍼灸のみかんは総合的な心身の不安解消をして皆様を笑顔にします!

マッサージ鍼灸のみかん


治療庵みかんです。

初めまして。


治療庵みかん、代表のみかんこと川村裕美(カワムラヒロミ)と申します。
ミカンせいじんというキャラクターに似ていたところから、みかんと呼ばれております。
このイラストを覚えておいて下さい。初めて治療院のドアを開けた時、きっと膝から崩れるくらい笑えることでしょう。
p_mikan.gif
当院は、在宅医療の一端を担う、訪問マッサージ・鍼灸から始まりました。
そのため、地域のお医者さんや介護事業所さんと連携し合い、在宅医療で観られる諸症状に対応してきました。
有り難いことに、今般、ご要望が多くなりましたので治療院という形でも皆様と御縁出来るように致しました。
よって、西洋医学準拠の知識・情報で施術に臨みます。
在宅医療の現場の経験から、自分達の腕は過信しない。
西洋医学での知識にて、少しでも東洋医学適応ではないと判断した場合、病院を勧めることもあります。
その為、鍼灸・東洋医学の神秘的な力を求める方・鍼灸で何でも治ることを期待される方には、少々物足りないかも知れません。
しかし、何が患者さんにとって最大の利益か。当院はそれを常に問いかけ、提案しております。

コンセプトその一は湯治場。


当院は、『温める』ことを重要視しております。リラックスする事を重要視しております。
真夏以外は極力ホットパックという温熱療法器を使用し、血行促進の施術とお灸をよく用いております。
年齢・体力に比例して、一回の施術で良くなろうとすると反動が起きてしまうと当院は考えております。
本格的な湯治が数週間に渡って行われるのと同じように、最低でも三回。集中的に三ヶ月。その後の安定期からは、メンテナンスとして一ヶ月~二ヶ月に一度という流れを勧めております。
その為、一発で劇的に良くなることを期待されている方には、不満が出てしまうかも知れません。
ぎっくり腰一つ取っても、鍼灸適応か否かを見極め、適応の場合初回で痛みの7割を落ち着かせ、二回目で痛みの本質に触れ、三回目で安定すると言う流れを取っております(期間は一週間)。
日本各地の温泉宿を巡り、温泉同様に自然な形で温まる・緩める環境をイメージしております。

コンセプトその二は笑い。


冒頭、代表の自画像を出しました。そこで、笑って下さいとお伝えしております。
笑うと、リラックスの為の神経・副交感神経が優位になります。
笑うと、顔面を始めとしてあらゆる部位の筋肉が緩みます。
笑うと、脳から鎮痛物質が分泌されます。
痛みが消えて、リラックスして、筋肉の強張りが取れたら、それだけで施術に求められているものが得られますよね。
そこに施術を加えたら、とても良い結果になりますよね。
よって、当院は笑いについても貪欲です。
その為、しかつめらしい顔をして、先生然として威厳を持った施術者に施術を受けたいと思う方には、当院はあまりお勧め出来ません。

コンセプトその三は『身体を知っている治療家であれ。』


代表・院長共に、合気道経験者です。スタッフには中国武術の指導者もおります。正スタッフには、課外研修として武道を勧めております。
技を掛けると言う事は、瞬間的に病的・故障状態に導くことです。
どうしてこの状態になったのか? 技を掛けることを巻き戻せば、自ずとどこを施術すれば良いのかが見えてきます。
また、特に柔術系の武道において、技を掛けることは相手を転ばせてしまうことです。
在宅医療の現場では、転倒は最も避けるべき事故です。どうすれば相手が転ぶのかを巻き戻せば、どうすれば転倒の危険を未然に解消出来るかに繋がります。

また、訪問施術は自転車で移動しております。
院長・副院長の場合移動距離が長い為、ロードバイクというスポーツ自転車を使用しております。
より効率的に、より早く。より遠く。どういう身体の使い方をするか。どうすれば疲労が軽減されるか。
自身の体を使って研究しております。研究の結果は、訪問施術の際、患者さんの元にどれだけ早く楽に到着出来るかという形で出てきます。

更に、舞台経験者及び患者さんに舞台に立つ方がいることも有り、『どうしてその故障へと至ったのか?』
転じて、『どうして素晴らしい俳優さんは還暦を過ぎてもちゃんと舞台に立てるのか?』=舞台に立つ上で理想的な身体動作をしている。
ずっと続けられる人と故障する人。その対比の為にも、舞台にも積極的に行っております。

沢山、お話の引き出しを持てるように心がけております。
何かしら、お話の引っかかりが合えば幸いです。
コンセプトである温泉も武道も舞台も全て業務の為ですが、端から見ると遊んでいるようにしか見えないので、転じて『遊び』『余裕』を大切にしております。

 

マッサージ鍼灸のみかんのご案内

住      所:
〒176-0002東京都練馬区桜台3-17-9-101プルーム桜台
アクセス:
東京メトロ副都心線氷川台駅から徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
03-5946-9867
受付時間:
9:00~20:00
(完全予約制 :最終受付19:00)

スタッフ全員が保険往診に出てしまうことがほとんどです。
施術中・移動中ですので、電話応対は原則いたしかねます。
希望日時の14日前までにメールでご相談下さい。
御予約無しで直接お越しになっても、スタッフがおりませんので応えられません。

定休日:
土日祝日 年末年始 夏休み

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ