練馬区のマッサージ鍼灸のみかんは総合的な心身の不安解消をして皆様を笑顔にします!

マッサージ鍼灸のみかん


揉み返し・好転反応について

揉み返しや好転反応って何ですか?

揉み返し(灸あたり・鍼あたり)
 

施術の刺激って何でしょう?
ツボに当たってようがなかろうが、身体にとって施術の刺激というのは・・・

  • 揉む・押す=打撲傷
  • お灸=火傷
  • 鍼=刺し傷
と、いう扱いです。
身体にとって適切な刺激であれば、回復を促す施術としての刺激になります。

しかし、身体にとって許容しきれない刺激だった場合、その刺激は打撲傷で有り火傷で有り刺し傷となります。
ピンポイントで打撲傷を受けた時の痛みが揉み返しです。
極端な例えとして、力士やプロレスラーといった、普段からぶつかり合うことに職業上慣れている・なおかつその衝撃に耐える為に鍛えている方への押す刺激の強さ・量を、デスクワーク中心の女性に行ったらどうなるでしょうか? 
その時想像しうるダメージが、揉み返しです。

好転反応
 

  • 身体にとって適切な刺激量です。
  • 整体をしました。適切な刺激量でも、身体にとってピンポイントで打撲傷が出来ました。
  • お灸をしました。適切な刺激量でも、身体にとってピンポイントでタンパク質変性が起こった=火傷になりました。
  • 身体の中では、これらの傷を治そうとする働きが活発になります。
  • この、自分の力で傷を治そうとする働きが、自己治癒力です。
  • 身体にとって、受けたダメージの重さは 打撲傷<刺し傷<火傷 に、なります。
  • 特にお灸の場合、身体にとっては火傷という一番重い創を受けたことになるので、回復を促す作用がとても強く出ます。
  • 特に火傷の際よく言われるのが、身体の中の水分量の話となり、水分量の話はそのままリンパの話になります。
  • リンパ腺は免疫の要です。要約しますと火傷の話は免疫力の話です。

身体にとって、火傷という免疫に関わる傷が出来た。その部位を治そう! という自己治癒力が高まります。
それによって、リンパを通じて体中の免疫機能が高まります。
高まった結果、普段であれば見過ごされてしまうようなレベルの、体内に潜む悪者達にも過剰に反応し、攻撃をします。
免疫として、身体の防衛力が高まった時、何が起こるか・・・。
  • 発熱≒頭痛
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発汗
  • 尿量増加・色が濃くなる
  • ガスの増加
  • 女性であれば不正出血
  • その他、考えつく限りの排出作用・・・

 

身体にとっては、悪いものを体外に排出する作用は、一見病気の時と同じものです。
いわば、良くなる為に悪くなったように見せます。
ちなみに、当院で好転反応の最高記録?を出した方の場合
  • 頭痛
  • 胃のむかつき感(嘔吐まで行かない)
  • 微熱
  • 不正出血
  • 上記が約一ヶ月続いた後・・・
  • 通常の月経時、悪臭を伴ったヘドロ(御本人様談)で、辛くて動けなかった

月経終了と共に、これらの症状は落ち着かれました。
※特に女性の場合、経血という形で悪いものを排出する事例が多いのです。

症状及びお身体の中に潜んでいる状態によっては、好転反応という形で悪いものを引きずり出すようにもなり得ます。

好転反応を出しても良いから、身体の中の悪いものを出し切りたい。
好転反応はあまり出さないで、少しずつ改善していきたい・・・。

ご要望もあるかと存じます。御相談下さい。

施術後、何だか熱っぽいしだるいし気持ち悪くなってしまいました・・・。

5,000円にてフォローが一回受けられます。


鍼灸マッサージ整体を受けられた際、身体の反応が高まったことで起こりうる反応が二つあります。
  1. いわゆる灸あたり・揉み返し
  2. (敏感になった結果)熱中症もどき→本格的な熱中症
特に春分から立冬くらいまでの間の施術では、身体の反応が高まった結果、ちょっとした条件で疑似熱中症状態になります。

一方、時期によっては本当に熱中症の可能性(5月~9月の時期)があります。
いわゆるのぼせ・灸あたり等の場合、東洋医学解釈により院長特別施術でも用います銀の鍼にてのぼせた熱を取り除く施術を行います。
のぼせ除去の施術で取り切れない不快感の場合、熱中症である可能性が高いのです。

  • 一回で取れない気持ち悪さなどは熱中症です。
  • 熱中症の場合、鍼灸不適応です。西洋医学に準じた適切な処置を行って下さい。

マッサージ鍼灸のみかんのご案内

住      所:
〒176-0002東京都練馬区桜台3-17-9-101プルーム桜台
アクセス:
東京メトロ副都心線氷川台駅から徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
03-5946-9867
受付時間:
9:00~20:00
(完全予約制 :最終受付19:00)

スタッフ全員が保険往診に出てしまうことがほとんどです。
施術中・移動中ですので、電話応対は原則いたしかねます。
希望日時の14日前までにメールでご相談下さい。
御予約無しで直接お越しになっても、スタッフがおりませんので応えられません。

定休日:
土日祝日 年末年始 夏休み

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ