練馬区のマッサージ鍼灸のみかんは総合的な心身の不安解消をして皆様を笑顔にします!

マッサージ鍼灸のみかん


はりやお灸について

そもそも、何ではりやお灸は効くんですか?


それでは、まず鍼灸マッサージと一まとめにされている手技療法について説明致します。
乱暴な表現ですが
  • ツボに当たってようがなかろうが、指圧マッサージ(=身体に対する押圧)は、身体にとって打撲傷です。
  • ツボに当たってようがなかろうが、血が出ていなくても鍼を刺す行為は、身体にとって刺し傷です。
  • ツボに当たってようがなかろうが、実際に火ぶくれ水ぶくれが出来なくても、熱が近づいた瞬間、お灸は身体にとって火傷です。
上の三つの怪我のうち、一番身体にとってダメージが大きいのは火傷です。
事故などで重篤な火傷を負った人が、救出直後は大丈夫だったのに数日後に亡くなるという痛ましいニュースを聞く時があります。
皮膚という防護が無くなる。防護が無くなった結果で水分を喪失するというのは、身体にとって深刻なダメージです。
ですので、人間の身体は『火傷』というダメージに対してものすごく敏感で、その分ダメージを感じた瞬間修復しようという作用が人体へのダメージと比例して最も強く出ます。
お灸という熱源が近づいた瞬間で、修復=免疫力が高まります。
この、火傷に対する修復力・免疫力を応用したのが、お灸療法と言えます。
ですので、お灸は必ずしももぐさを捻って使うことだけとは限りません。世の治療院の数だけ、沢山お灸のやり方も存在しています。
その中でも、当院はもぐさと膏薬を使うやり方(母校・東京医療福祉専門学校準拠)を採用しております。


お灸は熱くないんですか? 熱いイメージしか無いのですが・・・。

※PVはモデルの方です。
まずは、上記のPVをご覧下さい。
当院のお灸は

 

  1. 独自のハーブを調合した膏薬を置きます。
  2. お灸に火を点けた後、酸素を絶つ形でお客様の肌に触れないうちにつまみ取ります。
  3. 昔ながらのお灸としての効果を狙うほか、膏薬に混ぜたハーブの浸透効果を狙いますので、膏薬に熱が浸透します。肌を直接熱しません。

その為、熱く感じる理由がありません。
もし、それでも熱く感じてしまう場合、以下の理由が考えられます。
 

  • 身体の反応点として、はりやお灸を施した身体の部位が昂ぶっている時【この場合、瞬間でものすごく熱く感じますが、すぐに落ち着きます】。
施術の方法上痛かったり熱く感じることが予想される場合は、事前に確認致します。

市販のもぐさとどう違うんですか?

もぐさとは、草餅の材料でもあるヨモギの葉を使っています。
市販のもぐさ(せん〇ん灸等)は、誰にでも出来る様に作られています。この、誰にでも出来る様にと言う事が、長所であり短所となっています。
特に細かい温度調節をしなくて良いように、荒もぐさという種類のもぐさを使用しております。
荒もぐさを機械的に固めているので、誰が火を点けても温度も一定になります。

荒もぐさは火がつくと、比較的高い温度になります。温度が高く、かつ一定温度を保ちます。
そのままでは火傷してしまう為、間に緩衝材を挟んでいます。それで、あの独特の形になっています。
※当院のお灸を体験して慣れてしまうと、市販のもぐさでも比較的チリッと熱さを感じるようになります。


一方、施術者が手で捻るもぐさは、ヨモギの葉の裏の繊維を集めるという手間がかかります。
施術者の専門もぐさは高級品です。当院はその中でも特に一番グレードの高いものを選んでいます

自分の手で捻る為、専門の技術が必要となります。専門の技術によって、熱くも熱すぎない程度にもいくらでも温度調節が可能になります。
※当院の場合、もぐさと皮膚の間に熱を伝える膏薬を挟む為、一層熱いとは感じにくくなっております。

何かもぐさの他に工夫があるんですか?


はい。当院のお灸は、もぐさだけでなく、膏薬がとても大切な存在です。
  1. もぐさが焼ける熱さを直接感じさせない。
  2. 膏薬に混ぜ込んだハーブをもぐさの熱で浸透させる。
  3. 膏薬の油脂分で肌を保護する。
これらの効果を狙う為、膏薬については常に研鑽・工夫をしております。

また、膏薬の作成についてはパティシエール・Sさんに依頼し、製菓のノウハウをプロの手によって作成してもらっております。

膏薬の基剤成分をホイッパーで泡立てます。
P1000103.jpg粉末にしたハーブ類を混ぜ込みます。
P1000128.jpg
更に改良を重ねます。
whip1.jpg
色や加工具合が、本当にまるでお菓子作りそのものです。
whip2.jpgなお、Sさん曰く、材料は全て食べられるものであり、食べると実際に美味しい。
そして、本来保存の間に腐るはずなのに、美味しい=食べられる=腐っていない。ハーブ類の相乗効果を舌で体感され、驚かれつつ作成してくださっています。

マッサージ鍼灸のみかんのご案内

住      所:
〒176-0002東京都練馬区桜台3-17-9-101プルーム桜台
アクセス:
東京メトロ副都心線氷川台駅から徒歩4分
お問い合わせ・ご予約
03-5946-9867
受付時間:
9:00~21:00
(完全予約制 :最終受付19:00)

※ご予約はご希望時間の2時間前までにお願いします。
御新規でのご相談の方は、よりじっくりお話を伺った上で施術致します。希望日時の2日前までにご相談下さい。

なお、予約が無かった場合、保険施術優先で往診にそのまま出てしまいます
御予約無しでお越しになっても、応えられません事ご了承くださいますようお願いします。
留守番電話対応となった際、御伝言無い場合は対応出来ませんのでご了承下さい。
定休日:
原則不定休です。
土日については、新規のご予約および整体のみの受付はしておりません。
※既存の患者さんではりコース・お灸コース以上をご予約なさる方限定となっております。

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ